【脳・神経】 これだけは知っておいてほしいところ。 介護福祉士国家試験対策かんたんまとめ。「こころとからだのしくみ」

  • 領域:こころとからだのしくみ
  • 科目
    こころとからだのしくみ
  • 大項目
    からだのしくみの基礎

【脳・神経】についてかんたんにまとめいていきます。

身体の働きに着目し、次に内訳がわかるようにしておきましょう。

神経系

種類内訳働き
中枢神経 脳・脊髄 情報に対してどのように反応するかを決定。
末梢神経 自律神経
脳脊髄神経
中枢神経に情報をつたえる一方、中枢神経からの指令を身体の各部に送る。

自律神経系については、別記事でご説明します。

脳についての過去問題に挑戦してみましょう

介護福祉士国家試験に挑戦

第31回  介護福祉士国家試験
「こころとからだのしくみ」

問題 98 臓器とその機能の組合せとして、正しいものを 1 つ選びなさい。


1 肝臓    グリコーゲン(glycogen)の貯蔵

2 膀胱    尿の濃縮

3 小脳    呼吸中枢

4 副腎    インスリン(insulin)の分泌

5 心臓    ガス交換

解答…1

第30回 介護福祉士国家試験 
「こころとからだのしくみ」

問題 97 脳の中で記憶をつかさどる部位として、正しいものを 1 つ選びなさい。


1 延髄

2 海馬

3 視床

4 松果体

5 小脳

解答…2

脳

脳は 大脳、小脳、間脳、脳幹 で構成されている。

そのうち、大脳は 「話す」「感じる」「覚える」 ための大きな役割を持っています。
大脳が障害されると、失語、失認 といった症状が出現します。

脳の部位

脳の種類

前頭葉

前頭葉は 意思決定、創造、実行 の役割を持つ部位。
障害されると 失語、遂行機能実行障害 の症状が現れる。

頭頂葉

頭頂葉は 空間認識 の役割を持つ部位。
障害されると 半側空間無視 の症状が現れる。

半側空間無視…右側か、左側からの視覚、聴覚、触覚が認識できない。

側頭葉

側頭葉は 言語、記憶、聴覚 の役割を持つ部位。
側頭葉には記憶を司る 海馬 がある。
障害されると 失語、失認 の症状が現れる。

失語…言葉を正しく言えなかったり、忘れてしまう。
失認…見たり、触ったりしても、対象物がなにか認識できない。

後頭葉

後頭葉は 視覚形成 の役割を持つ部位。
障害されると 視覚失認 の症状が現れる。

脳幹

脳幹は 中脳、橋、延髄 で構成され、心臓や呼吸など、
生命の維持に重要な自律機能を調整している。

ブローカ中枢・ウェルニッケ中枢

ブローカ中枢(運動性言語中枢)
前頭葉 に位置し、言葉を発する 働きを司っている

ウェルニッケ中枢(感覚性言語中枢)
側頭葉 に位置し、話し言葉を理解する 働きを司っている。

【りらくる】

脳神経

脳神経は脳からでる末梢神経で12対あります。

No.名称内容
1嗅神経嗅覚
2視神経視覚
3動眼神経眼球運動
4滑車神経眼球運動(上斜筋)
5三叉神経顔面・鼻・口・歯の知覚
咀嚼運動
6外転神経眼球運動(外直筋)
7顔面神経表情筋の運動
舌前の2/3の味覚
涙腺や唾液腺の分泌
8内耳神経聴覚
平衡覚
9舌咽神経舌後1/3の知覚、味覚
唾液腺の分泌
10迷走神経のどの知覚・運動
頚胸腹部の臓器を支配
11副神経肩や首の筋肉の運動(僧帽筋、胸鎖乳突筋)
12舌下神経舌の運動

記事の最後に

時間かけて記事書きましたけど、ここ最近の傾向としては、脳の事というより、自律神経:交感神経や、副交感神経について問われることが多いかなと思います。
自律神経の反応を入浴や、睡眠、障害に絡めて問われたりしていますね。

あとは、からだのしくみについては、広く問われるので、知っておくと問題を解きやすいですが、ちょっと広すぎるなとも感じるので、国家試験対策としては、ポイントを押さえて、余裕があったら、知識を広げる。

みたいな感じで、学習していく方が、効率が良いでしょう。

本のご紹介

脳・神経についての本で、脳は見えないから、難しい。けど、見えたら面白い。」という本がありました。
本自体も、小難しいですけど、興味のある人には、本当に面白いと思います。

もう一冊、脳とは関係ないんですが、独学の方には必須の問題集があったのでご紹介します。

法改正については、調べても、調べても、調べれば、調べるほど、分けが解らなくなりますが、法律の制度に沿って、問題が作成されているので、わかりやすいですし、法改正されたところは必ず出ますから、必須の1冊です。

最後に、過去問題に再挑戦しましょう。

介護福祉士国家試験に再挑戦

第31回  介護福祉士国家試験
「こころとからだのしくみ」

問題 98 臓器とその機能の組合せとして、正しいものを 1 つ選びなさい。


1 肝臓    グリコーゲン(glycogen)の貯蔵

2 膀胱    尿の濃縮

3 小脳    呼吸中枢

4 副腎    インスリン(insulin)の分泌

5 心臓    ガス交換

第30回  介護福祉士国家試験
「こころとからだのしくみ」

問題 97 脳の中で記憶をつかさどる部位として、正しいものを 1 つ選びなさい。


1 延髄

2 海馬

3 視床

4 松果体

5 小脳

お疲れ様でした。

介護福祉士 華珠, プロフィール

スポンサーAD

【簡単】美容室・エステのホームページならグーペ!【安い】

【りらくる】

関連記事

【ワールド・オブ・タンクス】
初心者でもプロ並みの動画制作ができちゃう【iSofter】
マジッククリスタルは全12色

One Reply to “【脳・神経】 これだけは知っておいてほしいところ。 介護福祉士国家試験対策かんたんまとめ。「こころとからだのしくみ」”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です