【ICF・ICIDH】、【参加・活動】の「違い」 介護福祉士国家試験対策「障害の理解」かんたんまとめ。

介護福祉士国家試験科目の「障害の概念」についてかんたんにまとめていきます。

はじめに

「ICF」は、介護福祉士の勉強や、実務者研修を受けて初めて聴くという方が多いと思います。
「ICF」の視点がわかり、活用すると
介護過程のアセスメントに役立ちます。

早速、「ICF」について、国家試験対策用にかんたんにご説明します。
「ICF」の理解は自信につながりますが、
活用法などの解説は別記事にて行います。

ICFとは?

ICF(国際生活機能分類)

ICFとは「国際生活機能分類」とも言われ
WHO(世界保健機関)が2001年に定めた
生活機能と障害」の分類の事。

「ICF」を学ぶ上で、知っておく必要がある用語があります。それが

ICIDH(国際障害分類)

ICIDHとは国際障害分類とも言われ
WHOが1980年に発表した。

生活機能低下からの視点でとらえています。

ICIDHは
1. 機能障害
2. 能力障害
3. 社会的不利

のように「障害」を分類しています。

「ICIDH」から「ICF」への変遷

「ICIDH」の分類はマイナスのイメージになってしまいますが、「ICF」では、マイナスのイメージを解消しています。

ICIDH
(1980年)
ICF
(2001年)
機能障害心身機能
身体構造
能力障害活動
社会的不利参加

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、
「ICIDH」は障害のみに着目しています。しかし「ICF」は生活機能にも着目をしています。

生活機能

生活機能とは
「人が生きることの全体像」を示しており、

1. 心身機能・身体構造(生物レベル)
2. 活動(個人レベル)
3. 参加(社会レベル)

の3つから成り立ちます。

心身機能・身体構造(生物レベル)

生命の維持に直接つながるもの。

「心身機能」
手足の動き、視・聴覚、内臓、精神等の機能面

「身体構造」
指の関節、胃・腸、皮膚等の構造面

活動(個人レベル)

生活行動のこと

日常生活動作以外にも
職業的動作
余暇活動も含まれる。

文化的な生活、社会生活に必要な活動すべて。

参加(社会レベル)

家庭内での役割を含めた
「社会的な役割を持つ」こと
そしてそれを果たすこと

地域の組織での役割など、文化的、政治的と広い範囲を含む。

「社会レベル」「人生レベル」と提唱されている方もいました。

「人生レベル」の方で覚えとくと、問題が解きやすいように思います。

この3つに影響を与える

1. 健康状態
2. 環境因子
3. 個人因子

があります。

健康因子

病気、怪我、ストレス、妊娠など

環境因子

  • 物的環境 …福祉用具や、建物構造など。
  • 人的環境 …家族や、友人関係など。
  • 社会的環境…制度や、サービスなど。

個人因子

年齢、性別、民族、価値観など。

これらの相互作用を重視しています。

ICFの生活機能モデル(WHO 2001)
介護福祉士国家試験対策
見づらい様でしたら、下のボタンからPDFのダウンロードもできます。

ここで問題を1つやってみましょう。

第26回 介護福祉士国家試験
問題87

ICIDH(国際障害分類)から、ICF(国際生活機能分類)への変遷に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1. ICIDHは機能・形態障害の分類が不十分という指摘があった。

2. 医学モデルから、社会モデルへの転換として、ICFを位置づけた。

3.  ICIDHは、身体障害に適合できない部分があるという批判があり、ICFが開発された。

4.  ICIDHはにおける能力障害を、ICFでは参加制約に置き換えた。

5.  ICIDHはよりも、環境及び、環境と個人の相互作用を重視したモデルとしてICFが提案された。

解答…5

障害のとらえ方

ICFはこれまでの障害のとらえ方とは異なっています。
ICFの視点からの「障害」は
生活機能に問題・困難が生じた状態。

3つのレベルがあり、

1. 機能障害
2. 活動制限
3. 参加制約

から成り立ちます。

障害のある人を、
その障害の面からのみ見るのではなく

さまざまな生活機能を発揮しつつ
そこに障害を持っている存在としてとらえています。

つまり、ICFは
「人が生きることの全体像」をとらえる
相互作用・統合モデル」といえます。

ここまで読んだ上で、介護福祉士国家試験の過去問に挑戦してみましょう。
ちょっと難しいです。

第24回 介護福祉士国家試験
問題87

ICF(国際生活機能分類)にしたがって次の状態を定義した場合、正しいものを選びなさい。

1. 片足を切断しても義足を付けて歩くことができるのは「参加」である。

2. 右片麻痺があるが、福祉用具を使って食事を作ることができるのは「活動」である。

3. 尿失禁が思わぬときに起こるのでゲートボール大会への出場を控えるのは「活動制限」である。

4. 調理や掃除などの生活行為ができなくなるのは「参加制約」である。

5. 盲導犬利用者が結婚式への出席を断られるのは「活動制限」である。

解説

1. 片足を切断(健康状態、身体機能・身体構造)しても義足(環境因子:物的環境)福祉用具)を付けて歩くことができる(日常生活)のは「活動」である。

2. 右片麻痺(健康状態、身体機能・身体構造)があるが、福祉用具(環境因子 :物的環境 )を使って食事を作ることができる(日常生活)のは「活動」である。

3. 尿失禁(健康状態、身体機能・身体構造)が思わぬときに起こるのでゲートボール大会への出場を控えるのは「参加制限」である。

*何かしらの要因でゲートボールができない
となると、「活動制限」

4. 調理や掃除などの生活行為(生活行動)ができなくなるのは「活動制約」である。

何かしらの要因で料理教室に行かないのは「参加制限」

5. 盲導犬利用者(環境因子) が結婚式への出席を断られるのは「参加制限」である。

かんたんにまとめると
「できる・できない」が活動
「(参加)する・しない」が参加
の頭でいると、解答しやすいのではないでしょうか?

では、同じ問題をといてみましょう。

第24回 介護福祉士国家試験
問題87 再挑戦

ICF(国際生活機能分類)にしたがって次の状態を定義した場合、正しいものを選びなさい。

1. 片足を切断しても義足を付けて歩くことができるのは「参加」である。

2. 右片麻痺があるが、福祉用具を使って食事を作ることができるのは「活動」である。

3. 尿失禁が思わぬときに起こるのでゲートボール大会への出場を控えるのは「活動制限」である。

4. 調理や掃除などの生活行為ができなくなるのは「参加制約」である。

5. 盲導犬利用者が結婚式への出席を断られるのは「活動制限」である。

記事の最後に

【ICF、ICIDH】【参加・活動】の違い。

「ICIDH」は障害のみに着目
「ICF」は生活機能にも着目している。

ここの違いは理解しやすいですね。


問題は、「参加」と「活動」の違い。
繰り返しですが、かんたんに言うと

「できる・できない」が活動
「(参加)する・しない」が参加

同様の問題を何種類もといて慣れていくことが、身につく最短ルートだと思います。

講師選びは重要。

私、実務者研修を受けていたとき、ICFについて、嫌になってました、この授業。

なぜかというと、講師に問題があった。

テキストどおりに進めているだけで、おそらく自分ではちゃんと理解できていない人。

事例をもとに、これは、「身体構造の面ですか?」「健康状態ですか?」「参加ですか?」「活動ですか?」グループで話し合って、模造紙にまとめて、発表してください。

みたいな授業。

よくありますよね。

みんなで、真剣に話し合って、発表したら
「うーん、これは参加じゃなくて、活動だね」とか、ばさばさ切っていく。

切っていくのはいい。

どうしてこう考えたのかもきかず、
答えについて、そうなる理由を明示しない。
聞いても、答えない。

これはホント、ダメですよね。

なんなら、どこの学校の人か言いたいくらい、思い出し怒りで、今、腹立ってる(笑)

いい講師に出会えた。

ICFら辺の授業、何回かあって、基本は同じ講師らしいんです。
でも1つ参加できなかったんですよ、勤務で。

そのため、いつもと違う場所で、講師も違う。
でも、この先生が良かった。

同じようにグループワークがあって、発表して、これはこうじゃないんだ。こう考えるとこうなるよね…みたいにちゃんと根拠を明示してくれるし

考え方が難しいものに関しては、一概にこうだと言い切れないことがらもあるとか、
自分たちで真剣に考えてくれたことが、大切なんだよって。

もしかしたら、センセイでも難しい分類だったのかな?と思いますけど、生徒の思いを、ちゃんと承認してくれた。

この講義のおかげで、ICFの問題を考えるのが、嫌じゃなくなったし、自分も教える立場になったら、こうしようと思いましたね。

おすすめ書籍紹介

法改正の部分は正直、独自に調べるのは難しい。
解りやすく、学びやすくしてくれています。

成美堂出版の回し者ではないのですが、本のタイトルで手に取るものが、たまたま成美堂出版の本で、うちには何冊もの成美堂さんがあります。

ずぼらの私には要点まとめとかかかれてしまうと、手に取ってしまいます(笑)

問題集や、過去問、やるときに、びしっとまとまってますし、オールカラーで、まあ、大きいですけど、その分見やすいので、参考書というか、図鑑みたいな感じですね。一冊あると便利です。
1~2年前の中古でも全然いいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本当にお疲れ様でした。

介護福祉士 華珠, プロフィール

あわせて読みたい関連記事

介護過程、アセスメント、自立度判定などについて、かんたんにまとめています。
特に、自立度判定については、混乱しやすいですが、この記事を最後まで読んでいただければ、自信をつけられます。
ぜひ、お役に立ててください。
グーペ】素敵なお店のホームページを作れます【低コストでホームページ作成】
介護福祉士国家試験の「 障害者福祉の基本理念 」にある、【ノーマライゼーション】についてかんたんにまとめました。
みなさんのお役にたてれば幸いです。

おすすめ記事

認知症サポーター養成講座で実際に、講義している内容を深堀しています。
地域の目として、介護士として、どう行動したらよいか?
アツくなっています。

スポンサーサーチ
【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

これから資格を取る方へぜひ読んでいただきたい記事です。
資料請求も簡単にできます。

スポンサーAD

【簡単】美容室・エステのホームページならグーペ!【安い】

【りらくる】

【ワールド・オブ・タンクス】

初心者でもプロ並みの動画制作ができちゃう【iSofter】

マジッククリスタルは全12色

人気記事

2019年7月のアクセス1位の記事です。
2019年7月のアクセス2位の記事です。
2019年7月のアクセス3位の記事です。

3 Replies to “【ICF・ICIDH】、【参加・活動】の「違い」 介護福祉士国家試験対策「障害の理解」かんたんまとめ。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です